イメージ

北京市の日本料理店で、インフルエンサーによる福島県のPRイベントを開催しました。

 12月19日(土)北京市の日本料理店「蔵善」で中国人インフルエンサーによる実況中継イベントを開催しました。

「蔵善」の小林料理長は福島県田村市の出身で、今回「味噌かんぷら」、「いかニンジン」など福島の郷土料理を作っていただきました。

中国人インフルエンサーの「食尚小米」さんが、調理の様子を紹介し、試食や小林さんとの対話を通して、福島の料理と観光の魅力を紹介しました。

実況中継当日は、約63万人がライブ中継を視聴、その後録画で830万回にわたり再生されており、たくさんの中国の方に福島の魅力と食の安全をお伝えすることができました。

※写真は料理を作る小林さんと、実況中継をする食尚小米さん。

20201219 beijingkurazen2.jpgのサムネイル画像